· 

体内に摂り込んだ水が、体外に出るまでの日数

 

著名な(株)生命の水研究所の松下博士の研究によると、

 

飲んだ水が、体内循環するには時間はどれくらいかを

動物実験で調べたところ、

 

血液には30秒、脳と生殖器には1分以内に到着。

(雄は睾丸、雌は卵巣と子宮)

 

10分後に皮膚組織に、そして心臓や肝臓などには

10〜20分後との結果が得られたそうです。

 

もっとも重要な器官へ早く到達するのですね。

 

水の体への働き

 

  • 酸素と栄養素をカラダ全体に運ぶ
  • 老廃物、二酸化炭素、有害物質を体外へ排出する
  • 約1ヵ月かけて細胞内の水を入れ替える
  • 血流や発汗を調整して体温を一定にする
  • 細菌やウイルスなどの外敵から守る

 

良い水の3つの条件

 

 

水(H2O=H-O-H)は、+プラスの電荷を持つ水素原子(H)と

マイナスの電荷を持つ酸素(O)から成り立つ極性分子です。

 

大きい分子集団(クラスター)は、水分子の極性は弱くなり、

小さい分子集団(クラスター)では、水分子の極性は強くなり

 

油分子の親水基となじみやすくなり、油を溶かす力が高くなります。

 

 

食品添加物・農薬・PCB・ダイオキシンなどの毒物は、

油(脂肪)に強い親和力をも持つために、体内脂肪に蓄積されて、

 

過酸化脂質という活性酸素に変化し、血栓・梗塞・発癌の原因になります。

女性は男性に比べ脂肪が多い為より蓄積されやすくなります。

 

しかし界面活性力の高い水を飲むことによって、

脂肪組織から毒物を洗い流す(解毒する)ことができるようになります。

良い水を摂り入れる

 

人体には60兆個の細胞があると言われています。

 

その細胞の内側では、タンパク質や核酸、糖分、無機塩などにより、

生命活動に必要な物質を作っています。

 

私たちが生命活動には水がないと起こりません。

 

血液がこれらの栄養源や酸素をカラダの隅々まで運び、老廃物を排出します。

 

そのため、カラダの中に取り入れる水は、できる限りキレイな水でなければなりません。